fixedpoint.jp - CVS vs SVN (errata)




CVS vs SVN (errata)

2007/04/26に記載した SVN についての説明に誤りがありました;

CVS と異なり SVN はファイルのパーミッションや所有者などの属性をリポジトリに残しています。このため、例えば head でファイルのパーミッションが変更されている場合には、作業ディレクトリに update をかけるとその変更が反映されます。

訂正: パーミッションそのものをリポジトリに残してはいません。パーミッションの一部であるファイルの実行属性を残しています。このファイルの実行属性は svn:executable と呼ばれています。

では本当に SVN の機能でパーミッションそのものを残すことはできないのか、というと、あきらめる必要はありません。このアプリケーションのフック機能を使えば、管理下のファイルのパーミッションをコミット時に属性として記録し、チェックアウトやエクスポートの際にその属性を復元することができます。つまり、独自のフックを用意して独自の属性を制御すればよいのです。


© 2006,2007 Takeshi Abe