fixedpoint.jp - 「Cリファレンスマニュアル」と C1X




「Cリファレンスマニュアル」と C1X

ここのところ C でプログラミングすることが多くなり、自分の中で C について不勉強な部分を改めて学び直しています。そのために役に立つ書籍が「Cリファレンスマニュアル」です。C の仕様について詳細に書かれているのはもちろんのこと、

という特長があります。

この本を読んでいると最新の国際 C 規格がどうなっているのか気になります。C1X という名前で次の規格がワーキンググループ JTC1/SC22/WG14/ によってまとめられているところです。

埋め込み C (TR 18037)
新しい C の文字型 (TR 19769)
Unicode のエンコーディング UTF-8/UTF-16/UTF-32 のための型
ライブラリの拡張 パート1: バッファの境界をチェックするインターフェース (TR 24731-1)
fopen_s()snprintf_s() といった _s (safer の s ?)が末尾につく関数の追加
ライブラリの拡張 パート2: 動的割り当て関数 (TR 24731-2)
10進法浮動小数点数 (TR 24732)
C99 よりさらに IEEE754-2008 に沿った10進法浮動小数点数

という提案が既に準備されています。また

なども進行中です。


© 2006-2008 Takeshi Abe