fixedpoint.jp - Scheme Reports WG1 の最初の投票




Scheme Reports WG1 の最初の投票

Scheme Reports WG1 において、具体的な項目ごとに好ましいと思われる方向性について初めてとなる投票が行われました: [scheme-reports-wg1] initial ballot results available

結果は http://trac.sacrideo.us/wg/wiki/WG1BallotResults で公開されています。

あくまでこれからの議論の参考としての役割を果たすための投票ですが、WG1 のメンバーによる提案が選択肢に入っているなど興味深いものです。

R6RS で決められた仕様を WG1 としては外す方向の結果が(大小ありますが)多くあり、個人的には WG2 に期待する部分が増えてきた印象です。

また、Wiki に挙げられている提案のうち、SRFI-39 流の Parameter objects を導入しようというものがあり重要だと思われます: http://trac.sacrideo.us/wg/wiki/ParametersSnellPym

特に、(WG1 の範囲では決めないかもしれない)thread との関係を明確にしようという点が画期的です。SRFI-39 では、既存の実装の間で相違があるという理由で、thread がある場合の仕様については敢えて踏み込まれていませんでした。今回是非決まってほしいですね。

ちなみに、改めて SRFI-39 を読んだところ

Because it is possible to implement the R5RS procedures current-input-port and current-output-port as parameter objects and this offers added functionnality, it is required by this SRFI that they be implemented as parameter objects created with make-parameter.

とあることに気がつきました。current-input-portcurrent-output-port が parameter になるという要求なのですが、これを満たしている R5RS 実装は実際にあるのでしょうか。


© 2006-2010 Takeshi Abe