fixedpoint.jp - POSIX の Utility Conventions の謎




POSIX の Utility Conventions の謎

POSIX:2008, The Open Group Base Specifications Issue 7 で最新の POSIX の仕様が読めます。そのうち A.12 Utility Conventions には、システムが備えるユーティリティ(コマンド)が則るべき習慣がまとめられています。例えばコマンドのマニュアルに書かれる SYNOPSIS の書式に用いる記法が記載されています。

その中で次のようなガイドラインにぶつかりました。オプション "-W" が特別扱いされるというものです:

Guideline 3:

Each option name should be a single alphanumeric character (the alnum character classification) from the portable character set. The -W (capital-W) option shall be reserved for vendor options.

Multi-digit options should not be allowed.

何らかの理由で予約されていると思うのですが、Rationale にも該当する記述がありません。謎です。


© 2006-2010 Takeshi Abe