fixedpoint.jp - "Diagonalizing by Fixed–Points"の紹介




"Diagonalizing by Fixed–Points"の紹介

いろいろな定理に使われている対角線論法が、とあるオブジェクトが存在すると仮定するとある種の関数に不動点が存在することになってしまう、という一般的な図式で説明できるという論文です: http://arxiv.org/abs/1303.0730

他にもこの図式に当てはまる定理を探してみようという夢が広がります。


© 2006-2014 fixedpoint.jp