fixedpoint.jp




2018/01/26

Vcpkgの利用において注意するべき点

Microsoftが開発しているVcpkgはC++ライブラリ用パッケージ管理ツールです。Windows上で各種オープンソースのC++ライブラリをMSVCでビルドしインストールするのに便利です。

しかし、公式の文書に書かれているように、このツールは利用情報をインターネット上のサーバーに送信します。この情報には、OSのバージョン等のみでなく、vcpkgを呼び出すときに用いたコマンドラインの情報も含まれます。

MITライセンスで公開されているソースを見ると、この機能を無効にするオプションがビルドスクリプトに含まれています。例えば

> powershell scripts\bootstrap.ps1 -disableMetrics 1

のようにしてビルドすることで無効にできます。利用情報を送信したくなければ、このオプションを利用するか、(より確実に)該当箇所のコードを削除すると良さそうです。

#permalink

Archives

2017: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan

2016: Dec / Nov / Sep / Aug / Jul / Mar / Feb / Jan

2015: Dec / Oct / Sep / Jul / May / Mar / Feb

2014: Dec / Nov / Oct / Aug / Apr / Mar / Feb / Jan

2013: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jun / May / Apr / Mar

2012: Nov / Oct / Sep / Jul / Jun / May / Mar / Feb / Jan

2011: Dec / Nov / Oct / Sep / Jul / Jun / Apr / Mar / Feb / Jan

2010: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan

2009: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan

2008: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan

2007: Dec / Nov / Oct / Sep / Aug / Jul / Jun / May / Apr / Mar / Feb / Jan

2006: Dec / Nov / Oct / Sep


© 2006-2018 fixedpoint.jp